【新型コロナウイルス感染防止等について】

【利用者の皆様へ】

新型コロナウイルス患者が国内で確認されたことを踏まえ、厚生労働省から通知されている「社会福祉施設等の利用者等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応及び感染拡大防止に係る留意点(令和2年2月24日付事務連絡)」に準じて、ひきこりサポートセンターこだまにおける交流スペースの利用についてお知らせいたします。

 

当面、基本的には通常通り交流スペースは開所しています。地域において感染が増加する事態に至った場合、中止する場合もあります。

 

交流スペース利用の際には、体温を計測し、発熱が認められる場合は、利用をお断りしています。また、過去に発熱が認められた場合には、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは、同様に利用をお断りしています。

 

また、咳エチケットの観点から、職員はマスクを着用するようにしております。ご理解とご協力をお願いします。

 

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

この記事を読んで良かったら、「いいね!」してね。(1人1回までです。)
  • いいね! (6)