H28年度浜松市ひきこもり地域支援センター啓発事業のお知らせ

ひきこもりサポートセンターこだまから講演会のお知らせです。

浜松市ひきこもり地域支援センター啓発事業

『ライフステージに応じたひきこもり支援』

ひきこもりの高年齢化、長期化が進む中、課題となるのが「親亡き後」の暮らしではないでしょうか。親に頼っていた子どもが、親が亡くなった後、生活に困窮することも心配されています。

本年度は『ライフステージに応じたひきこもり支援』として、第1部はひきこもりからの回復と自立に向けた『就労支援』と、子どもの将来の生活を支えるための『民事信託』についての講演会を行います。講演会終了後、第2部は希望者から個別の質問を受け付けます。たくさんの方からの参加をお待ちしています。

日時

平成28年11月28日(月)

13:30~15:10 第1部 講演会 (13:00 開場・受付)

(1)就労支援について 講師:地域若者サポートステーションはままつ職員

(2)民事信託とは 講師:司法書士 中里 功 氏

15:30~16:30 第2部 個別ブースでの質疑応答(希望者)

会場 クリエート浜松2階ホール(浜松市中区早馬町2-1)
対象 ひきこもりに関心のある市民、相談支援従事者、民生委員など
定員 150名 先着順
申込 平成28年10月17日(月)~
参加費 入場無料

申込方法

ひきこもりサポートセンターこだま へ

電話、FAXまたはメールにてお申し込みください。

(1)氏名(ふりがな) (2)連絡先(電話・FAX・メール等)(3)住所 をお知らせください。

((1)(2)必須)

 

平成28年度 啓発事業チラシ(pdf)

この記事を読んで良かったら、「いいね!」してね。(1人1回までです。)
  • いいね! (6)