シュガーのゲーム紹介(2) 世界樹の迷宮

最果ての街、浜松。

その街の中央、前人未到(大嘘)の地には

「こだま」と呼ばれる交流スペースがあった。

 

さて、シュガーのゲーム紹介のコーナーです。

今回はATULSの名作RPG

「世界樹の迷宮」シリーズです。

 

1作目の発売日は2007年1月18日

ハードはニンテンドーDSです。

現在、1,2,3,4

リメイク作品の新1、新2の6作品が出ています。

また、コラボとして「ペルソナQ」「世界樹と不思議のダンジョン」があります。

 

古典RPG「ウィザードリィ」を彷彿させるゲームシステム

様々な職業、外見の中から好きなキャラクターを作成し、最大5人パーティを編成。

自分で地図を描き、ダンジョンを攻略していく「ダンジョン探索型RPG」です。

 

注目すべきはATLUS特有の「高難度」です。

①雑魚敵が雑魚じゃない

②先手を取られると何もできないまま全滅する事がある

③ボスより強い中ボスがそこら辺をうろうろしている

④「糸忘れた・・・」

⑤「!!ああっと!!」

 

シュガーは全作品をプレイしましたが、2作目「諸王の聖杯」のインパクトが一番強いです。

1Fで採取ポイントを発見!

→ !!ああっと!!

→ ラ フ レ シ ア があらわれた!

→ モンスター達が襲いかかってきた!

→ h a g e

 

そう、Ⅱで初めて実装された「!!ああっと!!」は当時

①階層最上階の敵が出現(1Fで5Fの敵が出てくる)

②ほぼ先制される

③「敵の気配を感じる…」といった警告が一切無い

という、鬼畜仕様。

シュガーも初見では案の定フリーズしました。

そしてhageました。

 

そんな高難度が面白いのです。

そして約一か月後の8月4日!

「世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て」

が発売されます!

今回はなんとボイスまであるという素晴らしい仕様!

 

 

 

 

 

 

君たちはプレイしてもいいし、しなくてもいい。

この記事を読んで良かったら、「いいね!」してね。(1人1回までです。)
  • いいね! (4)